« 美山錦早くも稲刈りです | トップページ | ちょっと濃かったかなぁ ひやおろし »

2010年9月 8日 (水)

和歌山県人口100万割れ

和歌山県の推計人口が、9月1日の県発表で99万9834人となり、100万人を割ったことが明らかになりました。今日も話題になったのでアナウンス効果が心配だとコメントしておきました。とは言え1982年がピークだったといいますから、もう30年近く横這いから微減へ、そして減少とダウントレンドだったということです。これから減り方が加速されるというありがたくない予測です。今後25年で3割減るという仮説に従えば、県外、輸出で3割以上増販しないと規模が維持できないという冷徹な分析が成り立ちます。そもそも地酒屋というのは規模拡大を否定する所から出発していますので、あまり規模のことは考えたくありませんが、経営という現実には逆らえません。

しかし和歌山に限らず地方にあってこその地酒なのですが、足下から人がいなくなってしまうとなると皆さん心細いことでしょう。地産地消とか地元重視とか言うのはかっこいいのですが、人がいないのでは仕方がありません。それもアルコール離れとか他酒類とのシェア争いを無視してのことですから覚悟がいる。

100万以下のお仲間は香川、山梨、佐賀、福井、徳島、高知、島根、鳥取ということですが、まぁそれぞれいい酒もあるし。昔はこういうランキングにすごく反応してコンプレックスを持ったのですが、何も県が独立国家で自分が領主というわけでもなく、他国の領主と張り合う必要もないので、気にしません。ただマーケティングということでは気にしないわけにはまいりません。

県内しか売っちゃいかんということでもないし、果実出荷額はトップ級でリキュールは健闘(他社さんは)、ということですから、将来ネタも含めて、今は純米酒集中でいこうかと。

そんなことより、龍神の福井のトンネルが開通したらしい。これでまた和歌山=新宮間が5分くらいは短縮されるはずです。早く通る機会を作らなくては。

|

« 美山錦早くも稲刈りです | トップページ | ちょっと濃かったかなぁ ひやおろし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山県人口100万割れ:

« 美山錦早くも稲刈りです | トップページ | ちょっと濃かったかなぁ ひやおろし »