« 寒くはなってきましたが今年の酒づくりは大変だろう | トップページ | 東京の西近郊はほぼ回復したんじゃないか »

2011年5月15日 (日)

20年ぶり下関へ立ち寄りました

20年ほどぶりの下関へ来ましたが、当時は海峡ゆめタワーはありませんでした。
Img_8937

140mほどの高さの展望レストランから響灘へ沈む夕日を眺めます。
Img_89592

翌日門司港からボートで唐戸へ渡ります。ふぐと壇ノ浦から再開発モールやレトロな港湾施設へと、観光のイメージが変わっていました。海峡の間近な両側に同じ様な観光エリアがあるなという印象でした。門司港の方は昔の船会社の建物とかが保存されています。
青島と釜山へのフェリーターミナルも合間に散歩してきました。今度はそれを利用してみるかとか考えることにしました。時間の点で飛行機を選ぶことが多いわけですが、常にそれがいいかということです。

|

« 寒くはなってきましたが今年の酒づくりは大変だろう | トップページ | 東京の西近郊はほぼ回復したんじゃないか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶり下関へ立ち寄りました:

« 寒くはなってきましたが今年の酒づくりは大変だろう | トップページ | 東京の西近郊はほぼ回復したんじゃないか »