« はたして五百万石は「にがい」のか | トップページ | 第2回かいなん夢風鈴-地場産業と観光のコラボレーション »

2011年6月25日 (土)

大阪のジャズが似合う街で

Img_9680_2
こういうのどかな高台で龍門山を見ていると気分がいいです。和歌山市の郊外ですが、雄の山峠の下で歴史的には紀の国の入口です。ですから阪和線でいうと大阪に最も近いエリアになります。それで約束の時間もあって、紀伊駅を起点に大阪へ出ることにしました。行き先がジャズバーなんですが、売り文句が「この街がどこよりもジャズにふさわしい」とあります。今までなかった業のお店ができると、街の変化や活性化のきっかけになることがあります。立ち飲み屋とゲームセンター、せいぜい居酒屋、質屋などで、周囲が簡易宿泊所というエリアに、ジャズバーは大いに期待をもたせてくれるのですが。ジャズに疎いので、ふさわしいのかどうか、???。
Img_9707_2
今日の出演は、アメリカで勉強したこともあるそうなママさんボーカルと、これから行くでというパク君のピアノでした。こういう場所がいいのは、合間に話もできることです。
スタンダードのAトレインで行こう、について、解説してくれます。ニューヨークは碁盤の目状の街路ですが、地下鉄のA線が斜めに通っていて、ハーレムのシュガーヒルまで最速で行けるということで、だからAトレインだというわけです。で、シュガーヒルに何があるか聞くと、職の斡旋所みたいなのがあり、仕事を得るため早く行くためにA線に乗れということらしかった。つまり、新今宮と同じということで、それでジャズが似合う、ということで、やっと少しわかった気がしました。やっぱりリアル、現場体験が大事だ。
リンク許可もらいました。行ってあげてね。

|

« はたして五百万石は「にがい」のか | トップページ | 第2回かいなん夢風鈴-地場産業と観光のコラボレーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪のジャズが似合う街で:

« はたして五百万石は「にがい」のか | トップページ | 第2回かいなん夢風鈴-地場産業と観光のコラボレーション »