« 外壁塗り直し 順々にやるしかありません | トップページ | もうすぐのみ切り »

2011年7月17日 (日)

ここんところのテーマは暑い

最近の休日の過ごし方として、地理的理解の空白域があればそれを歩いて埋めるという作業をしています。どうしても和歌山から大阪、せいぜい奈良になりますが。山にだいぶ登ったことがありますが、この方が実利にも近いし、興味の範囲も広がります。ジョギングや夜歩くのもいいですが、せっかく動くならいろんな所へ行けた方が有意義だと思うのです。また経験上、一箇所行くと必ず得るものが何かあるのを知っているからです。

大阪の人は笑うでしょうが、ずーっと生駒山まで延々と行けども行けども家や商店が続く所にいると、溺れてしまいそうな、あるいは寂しい気持ちになってしまって、とても街では住めないと思うのでした。今日は鶴橋から、よく聞いてはいたが行ったことのなかった「今里ロータリー」をまず目標にします。行ってしまえばなぁんだという感じですが、何とか山の頂上も同じようなものです。あとは高山植物や風景ではなく、町並みや街路網、どんな商売があるか、施設や史跡や何やを見ながら急がず進んでいきます。いつかオヤジ狩りや日射病で倒れる日が来るかもしれませんが、本望と言えばそうなるでしょう。登るルートの真上からたまたま避けられない落石に遭遇するのとそう変わらないものです。

今里ロータリーを少し北に振って、暗越奈良街道に入って行きます。鑑真和上や下っては松尾芭蕉も通ったと堺屋太一氏が書かれた掲示がありました。
Img_9952
少し振って、ものすごく長い商店街に入っていきます。
深江南まで1.2㎞ほどはあるでしょう。進むにつれて、今里新道筋、今里一番街、神路銀座、神路しんみち、とアーケードの看板表示が変わっていきます。商店街の組織がちがうんでしょうね。一見単調ですが、きっと周囲は人口稠密なんだろうなと思います。どう変わっていくのかとか思いながら、布施の方へ近づいていきます。熊野大神宮のお祭りらしいのですが、お神楽とだんじりもあるようです。結構北の方までだんじりがあるんだ。消防がブルーシートをかけた人を運んでいました。キャバクラの看板がでてくるともう布施。昔ここらでキャバレーをやっていたという人を知っていますが、ここでほっとしてしまうということは、その間の印象は寂しかったということになってしまうのでしょうか。

Img_9964
布施駅でJR平野行きのバスがあるのを知り、また平野へ廻ることにしました。
取引のある酒屋さんの支店がありました。多店舗化されるともうわからないですね。
今度は、中近世の自治都市だった平野の部分へ入っていきます。やっぱりお寺が多いようです。りっぱな旧家もありますが、大念仏寺の楠一枚板でできた門がすばらしかった。どれくらいの大きさの楠だったのか。
Img_9970
一回行ってもそこは知ってると言えるわけもなく、どこまで行っても隈無く行き尽くせるわけもありません。でもそれは世界遺産を廻るのも同じです。


|

« 外壁塗り直し 順々にやるしかありません | トップページ | もうすぐのみ切り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここんところのテーマは暑い:

« 外壁塗り直し 順々にやるしかありません | トップページ | もうすぐのみ切り »