« 次は北関東の地酒のキャンペーンだ | トップページ | 笑う門の実物を初めて見る(郷下的人、松阪を見物する) »

2011年7月30日 (土)

古材・民具の活用プラン募集

親の方針を見て来た方の意見では置いておいた方がいい、という古材や、移動式のへっついさんです。たぶん餅つきには使えるんでしょう。薪が入手できることが前提でしょう。
写真以外にも、8mほどの大黒柱とか看板用の板材その他いろいろあります。
売れないが、買えば高い。代替品はない。運ぶのと実際に使うための加工賃がかかりすぎる。置いておけばいいと言われても、業務の支障にもなる。
景気のいい頃、そういうものに愛着を持つ世代が残っている時期には、内装に活用したい、こちらとしては販売に活用したいという思惑で置いていたようです。使用を考える人も、ただかそれに近ければ引き取ろうということになるので、本来展示棟の補修、充実に使うしかないのです。
直営飲食店をやる気はないし、今の主流は内装にお金はかけませんから、使用を考えてくれそうな所が見つかるのを待つしかありません。
Img_0048
Img_0049
Img_0050

|

« 次は北関東の地酒のキャンペーンだ | トップページ | 笑う門の実物を初めて見る(郷下的人、松阪を見物する) »

建築・内装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/52344251

この記事へのトラックバック一覧です: 古材・民具の活用プラン募集:

« 次は北関東の地酒のキャンペーンだ | トップページ | 笑う門の実物を初めて見る(郷下的人、松阪を見物する) »