« 黒牛仕立て梅酒 300ml瓶 | トップページ | 古材・民具の活用プラン募集 »

2011年7月29日 (金)

次は北関東の地酒のキャンペーンだ

半径何㎞以内という地図上の円が、日本を蝕んで数ヶ月。
自分の生活では、半径20㎞ほどが自社配達エリア。高速で少しゆがんでいるが40㎞くらい
が、文化圏といおうか、地元づきあいができる、つまり夕方出かけて行って、会合や懇親会を付き合っ
て帰れる範囲という感じか。
おとついは北東へ、昨日は南へとその果てを見極めに夕暮れに出て行く。
仮にも蔵元がノンアルコールビールで周囲にあわせながら、また彼らが気を使って目の前で黒牛を飲んで
くれたのが昨日。まるで漫画だったな。お店にそれを置いていただいているのに、気づかないように振る
舞い、地域の話やらして帰ってきたのが一昨日のこと。
やっと週末、10㎞圏内の運転代行圏内で飲めることになったが、その店には黒牛は置いていない。
そんなことを気にしていてはこの業界、生きて行けません。何かないかとメニューをドリンクメニューを探します。
東北の何とかと前回は書いていて、キャンペーンです、いかがですか、とか言っていたのは先月。今回は何も書いていないが銘柄は変わっていない。
うーん、栃木の大那にしよう。私が言うとたいてい普通の人は県外地酒メーカーの銘柄なんぞ知らないので、全部そうなります。おーい、元気かぁ。
だいたい焼肉にキムチ鍋メインのお店です。はやっていますが、地酒を全国から揃えて講釈で売れる業態ではありません。「燗は決まった銘柄ですが、そのお酒は常温になりますが。」
つまり冷やしていないわけです。あぁ、状況と背景わかりますね。
常温も好きですが、外食ではそれなりにコンデションを作ってもらわんと。めったに飲食店で私がこんな要求をアガシに出すことはありません。「水割り用のペールに氷、常温の酒をとっくりへ。」
Img_0045
これは急速に冷えるし、外に出せば調整できます。これくらいはお店もやってくれます。
だいぶ貢献したなぁ。
そろそろ、北関東の代表をユーチューブにでも出せよ。状況はいろいろ聞かされてきたんだ。
お店もキャンペーンを集客の材料にするなら、必要な先と地域を応援してやってほしい。
これくらいなら書いてもいいだろうさ。

|

« 黒牛仕立て梅酒 300ml瓶 | トップページ | 古材・民具の活用プラン募集 »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/52334900

この記事へのトラックバック一覧です: 次は北関東の地酒のキャンペーンだ:

« 黒牛仕立て梅酒 300ml瓶 | トップページ | 古材・民具の活用プラン募集 »