« 笑う門の実物を初めて見る(郷下的人、松阪を見物する) | トップページ | 夏の玄海灘は猛烈に暑く眩しかった »

2011年8月 2日 (火)

のみきり

今年も「ノミ切り」とはなりました。
吟醸を早く火入れしようとタンクを増設したのですが、
Img_0039
火入れした純米吟醸を囲っているので、昨年より利き酒するタンクが数本増えています。
やはり水冷式では13-15℃くらいですが、不凍液で冷やすと零下2℃台のもあって、各試料の品温度を同じ水準にあわせるため、前日取り出しておきました。Img_0090
タンクからのものだけでなく、瓶貯蔵の製品も一部利いていただきます。
Img_0095
技師先生が4人、特に希望された最も熱心な販売店さんも数人参加されました。タンク毎の酒の特徴を洗い出し、持っていきかたを検討することになります。これが終わると言ってるうちにお盆も近くなります。盆も明ければ、設備の整備や設置もやや急ぎ出します。仕込みシーズンに向かって何かと慌ただしくなるとともに、心の向きも集中していきます。

|

« 笑う門の実物を初めて見る(郷下的人、松阪を見物する) | トップページ | 夏の玄海灘は猛烈に暑く眩しかった »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/52373361

この記事へのトラックバック一覧です: のみきり:

« 笑う門の実物を初めて見る(郷下的人、松阪を見物する) | トップページ | 夏の玄海灘は猛烈に暑く眩しかった »