« 岸和田だんじり祭り | トップページ | 稲刈り前の山田錦を西脇へ見に行く »

2011年9月29日 (木)

新体制で酒造期入り

経営、蔵とも新体制で、今シーズンの酒造が始まっています。
春から冷蔵していた特等の山田錦(兵庫産)をこの時期精米しているわけです。
Img_0911

いきなりヨーイ・ドンで、そこから急に毎朝米を蒸したり麹を作ったり、仕込んだりというフルに造る状態にはなりません。精米を始め、井戸を掃除し、蔵や道具を清掃、消毒してと順々に進めていきます。それから最初の米洗いをして、翌日最初の蒸しをします。それで酛用の麹を2日かけて作り、その日に最初の酛を仕込み、10日以上たって酒母ができてから、最初の仕込みになるのです。精米場は最初からフルに作業している感じですが、まだ会議をしたり、研修へ出かけたりと、製造チームはそうバタついてはいません。新人も入ったことだし。

蔵元はどっしりと、とはいきませんが、製造に関しても、計画、調整等にあたっています。また営業支援もしなければなりません。秋は地元も行事が多いうえ、今年は紀南の災害や家のことなど多事ではありますが、少し長期の考えごとなどする時間も必要です。


|

« 岸和田だんじり祭り | トップページ | 稲刈り前の山田錦を西脇へ見に行く »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/52867396

この記事へのトラックバック一覧です: 新体制で酒造期入り:

« 岸和田だんじり祭り | トップページ | 稲刈り前の山田錦を西脇へ見に行く »