« 米屋さんと米洗いを見る | トップページ | がむしゃらになれる日を想って »

2012年1月20日 (金)

南天は食べられない

122
南天は食べられないが、彩りを添えてくれる。
南天のようになりたいのか、南天にはなりたくないか
自分にもよくわからない

海南の魚どころ「さとう」で夕食を一人摂る日があったっていいだろう。
他所でも多いのかどうか知らないがこの季節、実をいっぱい付けた南天が街路樹
にも見られる。和歌山なら本町通りや海南と和歌山の境の国道沿いは濃い赤が目につく。

子供の頃はもっと雪の日が多かった。雪でうさぎを作ると目は南天と決まっていた。
明日はいろんな意味で忙しい。そんな時こんなことを思い出す。


|

« 米屋さんと米洗いを見る | トップページ | がむしゃらになれる日を想って »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/53781798

この記事へのトラックバック一覧です: 南天は食べられない:

« 米屋さんと米洗いを見る | トップページ | がむしゃらになれる日を想って »