« 仕事はつくるものだ(安藤忠雄、和歌山初講演) | トップページ | 梅の価格高騰、梅雨らしい話題か »

2012年7月 5日 (木)

高野山の麓「たまゆらの里」

天下の霊峰、和歌山県で最も有名な観光地のひとつ、高野山、ですが、高原に宗教都市があるみたいなもので、どの方向からも登ることになります。
蔵から見れば東方向に谷筋を登っていきます。麓近く、紀美野町とかつらぎ町の境あたりに賃コテージから広がった「たまゆらの里」があり、来年20周年だそうです。バーベキューをして泊まっても、翌日は普通に出勤できます。半分、田舎暮らしという感じです。あじさいが見事でした。
017


34棟208人までOK。アマゴ釣り大会とかイベント活動にも取り組んでらっしゃいます。最近は香港とか外国からのお客さんも増えてきたそうです。コテージ前で家族でバーベキューをしているのを見るにつけ、梅雨時にテント張ってのアウトドアはやっぱり厳しいかなと思いました。ソフトなアウトドアという感じですか。蛍も飛んでいます。
018


|

« 仕事はつくるものだ(安藤忠雄、和歌山初講演) | トップページ | 梅の価格高騰、梅雨らしい話題か »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野山の麓「たまゆらの里」:

« 仕事はつくるものだ(安藤忠雄、和歌山初講演) | トップページ | 梅の価格高騰、梅雨らしい話題か »