« 2012年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2012年11月28日 (水)

今が米価のピークかどうか

大阪で当社のお得意先を引き継ぐというお店へ、方針の確認とかで行ってきました。昨今のことですから、よほどの専門居酒屋への供給特化店でないかぎり、米とかも扱っています。さて元々米屋だったということですから、昨今の情勢の話になります。どうも無理な価格引き上げ策が、上の団体あたりで何かに便乗して取られた感じだと申し上げました。何せ需給は良くないし、無理矢理の輸入分もあります。今がピークじゃないですかね、というあたりの感触でした。それは食用米の話でしたが、酒米もおととしを底とすれば2年連続の上昇に違いはありません。慰めは変動幅は低価格のものよりは当社が使う高級酒米の方が小さいくらいです。山田錦も見た目より収量が悪く、実の入っていない籾が多かった?とかいうわけで、割当を減らされる蔵が軒並みであり、分散した産地から、今や結構買っているカテゴリーに入るそうな?、という当社に限れば何とか確保できたという状態です。
それにしても、田まで見に行って、今年は相当の豊作だと言った自分の目は修行不足となります。米屋さんでもわからなかったとか言ってますから。東北とかから買いに来たのにまわしたんじゃないのか、と聞いてみましたが、どうもそうでもなさそうです。夏の高温とか、登熟期の台風とか、ちょっとしたことで予想を覆してくれるようです。
今朝は岡山の山田錦が10トン1車入ってきました。フレコン積の1等です。特等じゃないのかと残念がりますが、どうやら入荷できるだけましらしい情勢なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

新酒あげ

もう9本は搾ったらしいのですが、慣例により「新酒あげ」を祝います。
今年も長丁場ですが、最後まで無事故を誓います。
チーム全員揃いました。
Hatsuage20121119


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

しぼりたて発売日 発表

今年のしぼりたて発売日がやっと決まりました。26日(月)とさせていただきます。価格、酒質も去年と同じでございます。1.8L税込2750円です。
12日に上槽していますから、2週間滓引きや、瓶詰にかかっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

今年も初しぼり

11月12日の月曜、今年の1本目の仕込を上槽(じょうそう)しました。蔵元特権でまず飲めるのですが、出張から帰るまで味を確かめられませんでした。当然純米で、味のノリもなめらかです。ここ数年、品質関連の設備投資をしていますが、ちょっと反映しているかなと感じるのはひいき目でしょうか。
520

ガスの粒も見えるし粕もたしかに浮いていますから、澱を下げるなどして、「しぼりたて」として発売になるにはまだ10日以上かかります。

続きを読む "今年も初しぼり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

米袋の等級スタンプ

30㎏の米袋には、検査証明書がついています。検査機関の確認印と等級スタンプが押されているのですが、全国共通のようです。
空き袋に米を入れて流通させる場合は、検査欄を塗りつぶすとかしないと処罰される可能性があります。
蔵で精米をすると当然空き袋がでます。蔵内で使用するからいいのですが、空き袋と中身が違ってしますので、白米や糠を入れるときは、いちいち白墨で何が入っているか書かないとわからなくなってしまいます。
2012cl1_4
1等は丸に点。
201211cl2_2
2等は分銅に上下2点。
201211cl3_2
3等は三角に3点か。
産地で違うのはあるのでしょうか。特等とかはわかりやすい、丸に特なので省きます。
3等以上でないと特定名称酒をうたえません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

来週月曜あたり初揚げ

もう週末になってしまいました。事務所は休みですが、販売店さんへ出かけました。来年の課題もチラチラしてきます。今週は日曜から出張にでます。蔵をのぞくと月曜くらいに最初の搾りになるようです。当然純米酒です。
季節で働きに来てくれる人は今年も2名の予定で、一人はとうに入っていましたが、今日二人目が到着、全員そろった形になります。ほぼフル稼働に入ってきますので、このタイミング以降は見学は原則受け入れません。またイベント等への参加も、社長だけが対応することになります。それで明日出かけるわけです。

続きを読む "来週月曜あたり初揚げ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

漆器まつりと浄国寺さん天井画公開

11月3日(土)と4日(日)の2日間、今年も海南市黒江の「川端通り」で紀州漆器まつりが開催されます。蔵は公開しませんが、売店前の広場はバザーになります。

それより今年の注目の的は、浄土国寺さんの天井画公開です。地元の名工、橋爪靖雄さんが4年をかけて制作された天井画、蒔絵天井画84枚です。本尊の左右を春夏を北側、秋冬を南側の余間の天井に嵌めています。
四季の草花の他に星座が20ほど入っていて、伝統の中にと現代感覚が合わさり何か爽やかな感覚がありました。

この2日以外は毎月15日公開されると聞きます。
このお寺は戦国時代からの門徒さんのお寺ですが、1550(天文19)年4月に證如上人も来られた際に造営されたという庭園が有名です。
公開日が限られていますが、機会があったら拝観おすすめします。もっと知られていい枯山水です。
20121103001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2015年1月 »