« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

大吟醸酒上槽しました

大吟醸しぼりました。これは一掴(ひとつかみ)になります。
だいぶ斗瓶に採ってましたが、鑑評会用に何本か消えると
思います。
何もいいませんが、製造部は真剣でしょう。
これがまた一区切りになり、春が近づきます。
227_0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

九州を廻る

あそこは、どうやら○○○会の加盟店にDMでも打ってたようだな、そんな呟きもしましたが、九州へ「営業」に行ってきました。今の状況では新規開拓など不要か有害ですが、姿勢を社員らに見せること、市場に常に触れておくことを大事にしたいのです。今回は「さくら」でゆったり行けました。
0226_0121

しかし菊池武士団の根拠地とはこういうところだったのか、とか仕事に関係ないけど一度行きたかったところへ行くことができます。やはり仕事は真面目にやるべきです。

続きを読む "九州を廻る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

瓶燗「びんかん」して急冷「きゅうれい」

ワンランク上の熱処理のしかたです。
水槽に生酒の瓶入りを並べておいて、だんだん温度を上げます。65℃に品温が到達したら数分キープした後、今度は冷水に入れ替えていき、瓶が割れない程度にできるだけ早く温度を下げます。
これで香りは飛ばないし、味もしまります。
0217_0021


続きを読む "瓶燗「びんかん」して急冷「きゅうれい」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

中間点突破くらいな時分ですが

2月も半ばになり、蔵内に差し込む光も少し明るく感じられます。
0215_0121
来訪者の接遇の間、設備や衛生等の状態、士気等を観察し、フィードバックする役割を自任しています。
0215_0242

続きを読む "中間点突破くらいな時分ですが"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

大吟醸途中経過

今日は地元の技師先生お二人が吟醸の仕込み経過を見に来られました。役所は退職されていましたから、自主的というわけでお気づかいいただけて光栄です。10何日目かという醪ですが、大吟醸、純米大吟醸、純米の何本かを見てまわられました。
0211_011
純米大吟醸の精米歩合45%の方は「環山 黒牛」で輸出も伸長中のアイテムです。
旺盛な発酵です。
0211_0052

続きを読む "大吟醸途中経過"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

酒粕の話

日本酒の需要が括弧付きながら復調の今日、搾って原酒が得られた後に残る酒粕については、残念なことに需要低迷が続いています。これほど栄養価があって美容にまでいいと言われながら、買いに来る人はどんどん高齢化するわ若い世代では使い方がわからないとか言われ、数年前にミニブームだったことは忘れ去られてしまいました。
いろいろ模索はしているのですが、今日は1車分新しいルートに引き取られていきました。
210_2_0011
ビニール袋を米の袋に入れて二重にしたものに各20㎏、25袋をパレット1枚に積んで500㎏、4トントラックに8枚平積です。酒気も残っているので、周囲には独特の香りが漂います。
210_2_0022


続きを読む "酒粕の話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

海南雛めぐり始まる

今年も雛めぐりが始まりました。おひな様を飾って見てまわっていただくのですが、なかなかこれまでを振り返ると好評な企画で、黒江の街を訪れる人も増えてきます。
売店の休憩コーナーを半分近く、お雛様が1月近く占めることになります。
ただ飾っているだけじゃないかとか、体験がないようにも思えますが、人形を作るという形でかなりの人が参加していますので、地元にとってはりっぱな参加型観光になっているようです。遠くから来られる人も増えていますが、こちらは手造り雛の多彩さや回遊性が受けているようです。
0210_0071


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

吟醸期間中です

2年ぶりくらいで植木屋さんに剪定してもらいました。
万葉の歌碑のあたりは随分すっきりしました。
0205_001


続きを読む "吟醸期間中です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »