« 地元米での酒づくりは作文のためではいけません | トップページ | ここからが勝負です »

2015年4月23日 (木)

精米ほぼ終了

今シーズンは長かった。
ついに玄米置き場は空になりました。
0422_001
白米置き場の米はまだだいぶありますから、全部仕込みが終わるには、まだだいぶ日数があります。
0422_008


例の和歌山県御坊市の米も精米できています。
注意してほしいのは米袋が福井米ですが、精米して白米を入れる袋は玄米のものと一致しなくなるので、白墨でいちいち書き付けることになります。これをその都度説明するのが面倒かつ誤解を招きかねず危険だというのが、蔵を一般には公開しない方針に変えた理由のひとつです。
0422_006

精米歩合68%で620㎏、酒化率を仮に380とすると16%の製品が1470リットルくらいになります。地元が約束してくれた量から考え、自分で一升瓶100本くらいは売る算段が必要です。
このスペックでは華やかにはなりませんが、すっきりして飲みやすい方向で、お祭りとかで「地元」の活力に貢献したいと思います。


|

« 地元米での酒づくりは作文のためではいけません | トップページ | ここからが勝負です »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/61480943

この記事へのトラックバック一覧です: 精米ほぼ終了:

« 地元米での酒づくりは作文のためではいけません | トップページ | ここからが勝負です »