« NY市場顔出ししてきました #1 | トップページ | 製造準備進んでます »

2015年9月21日 (月)

新大陸の東の端でも日本酒がんばる

日曜は、ロングアイランド北東端の小さな町で日本酒レストラン開業イベントに同行訪問することになりました。ミッドタウンから直線140km以上、和歌山城から三重の鈴鹿あたりの感覚です。
この島は相当大きく、西端部はニューヨーク市内で、ブルックリンやクイーンズ、JFK空港もそのうちです。高級住宅地が西部の南岸沿いに広がっています。ところが東部は、都市近郊農村か観光地で、ワイナリーもたくさんあります。東西に細長く三重県くらいの長さがあって、幅は2、30kmと狭いものの、なだらかな岡や平地が続いているのです。アメリカのワインというとカルフォルニアくらいかと思っていたら、オレゴンやここも有名産地だそうです。時速130kmくらいで高速を走って2時間かかりました。
0915_0417_2
グリーンポートのメインストリート、別荘地か観光地内の商店街という風情で、お店は町並みの景観によく合っています。規制もあるんだろうけど、いいことです。アジア系はほとんど見かけず静かな感じで、勝手な印象では富裕もしくは中間層のリタイア組が住んでいるようでした。

0915_0518_2


オーナーの森さんは、マンハッタンですばらしい実績をあげられていたそうで、グランドオープンには、大手メーカーから卸業者、そして私たち地酒メーカーと、多くの関係者が駆けつけていました。私は山の賑わいですが。それでもこういう試みの中で、徐々に日本酒が当地に入っていくんだなと感じます。何かすごい現場に立ち会えたような感覚が得られて興奮しました。

0915_0959_2

地元に溶け込みたいご方針とのことで、お店の雰囲気がそれを体現していました。マンハッタンは疲れたそうですが、東京でがんばっていた人が伊豆か軽井沢で開店されるような感じなのか、いやちょっと違うか、何せ都心から車で1本ですから、いくら冬に道が氷るといっても、ホテルもそれなりにあるようで、ちょっと客層は読み切れませんでした。
物流問題も解決していないので、商売になるのかはわかりませんが、そんなことより日本酒を世界に広げてくれるべくがんばっている人に会えたことがうれしかった。

|

« NY市場顔出ししてきました #1 | トップページ | 製造準備進んでます »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/62315458

この記事へのトラックバック一覧です: 新大陸の東の端でも日本酒がんばる:

« NY市場顔出ししてきました #1 | トップページ | 製造準備進んでます »