« 山田錦の稲穂が着きました | トップページ | ことしもありがとうございました。 大晦日 »

2015年12月28日 (月)

酒蔵の歳末

今年も暮れゆく、あと3日ほどか。
1228_030s
コウヤマキを蔵の横の広場へ売りに来るO翁は、高野山を越えてくるのですが、やっぱり暖冬だそうで、雪は積もっていないそうです。
1228_2_013s
蔵の方は正月でも酒は発酵し続けますから、「仕込みを切る」というやり方で、休暇を確保します。
今は但馬地方から来ている社員は1人だけで、あとは地元から通っているわけですが、蔵に出てくる人数を三が日前後で絞り込んで、人手のかかる作業をその間休む、言わばペースダウンさせます。
具体的には29日に40何番目かの仕込みの留を終えると次の仕込みを3がにち明けまで延ばすわけです。
と簡単そうですが、麹や酒母もそれに合わせて調整するのですから、けっこう複雑なスケジュール操作のようです。昔は正月でも同じペースで作業は続けていましたが、その方がややこしくなかったのかもしれません。どうせ冬の間家に帰らないつもりで来ていたわけですから。
1228_sss
そして搾る方も、年末近くに搾って次の上槽は年明けしばらくしてからになるように、発酵工程も調整が要るわけです。
1228_0324
今年もやったなぁと思うこともありますが、充分なことができなかった部分もたくさんあります。
1228_0345
酒粕の山を見て思います。
1228_0016
原料米なんか見てると圧迫感がありますが、来年の課題とか、やる気、インスピレーションを与えてもくれます。ちなみに大きい籠は15俵900㎏入り、小さい方で10俵600㎏あります。

|

« 山田錦の稲穂が着きました | トップページ | ことしもありがとうございました。 大晦日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒蔵の歳末:

« 山田錦の稲穂が着きました | トップページ | ことしもありがとうございました。 大晦日 »