« 日食店の開業例を見て | トップページ | 来場者は増えているが古酒の時代は来るのか »

2016年4月18日 (月)

カンナムの居酒屋見聞

イベント会場で法被を着て立って、来場者と片言を交えながら試飲酒をグラスに注ぐ。ここで注文を取るわけでもなく、得意先や見込み客様と名刺交換、せいぜいこの程度が「仕事」であり、販売先への顔出し応援が本来の目的です。ですから終わったら飲みに行くくらいしかできることはありません。海外へ行ったのに、その土地の名物を食べるなどなく、ひたすら日本酒を出す店に行く、つまり半分営業か情報交換です。
今回は最もソウルで日本酒密度の高いカンナムが舞台でしたから、近くのシンサ洞の「いちえ」さんに行きます。
ここは今、黒牛も入っているし、鮮度の良い魚が人気、現地でもです。税金が関税、酒税、教育税と乗ってしまうので、純米酒黒牛720ml56000ウォンです。
03292_058s
冷蔵庫も地酒ぎっしりです。
03292_061s
よく飲むのか720ml瓶売り主流です。一度に何種類も味わいたいから小グラス単位の注文の取り方が多い日本とやや違うのです。と言って300mlは少ない。
03292_036

シンサドン(新沙洞)はカンナム区でもハンガン寄りの北部で、街路樹通りカロスキルが有名なオシャレな街ということで、向こうではいい地酒を出す日式居酒屋は東京でのイタリアンレストランと同列イメージです。ネットでは紙パック清酒も写していましたが、そのうち変わっていくと思います。
夜行けば、そんな街の印象はなかったですが、賑やかなのは間違いありません。

地図に落としてよく見れば、チョンダム・ドンのホテルに泊まっていたので、アックジョン・ロデオを経て、すぐ近くだったようです。アックジョンはファッションの街ですから、また自分には縁のないところで、K STAR ROAD のカンナム・ドルを見て、子供用のキャラクターをブランドショップの並ぶ大通りに置くはずはないなと思い、そこから調べて、やっと理解するという有様でした。
0328_011s
犬かと見れば熊だったようで、顔のないキャラクターというのは初見でした。韓流アイドルのイメージ広告らしい。犬はここではイメージが悪く、彼らの先祖は雌熊だった。
0328_013s
これが境港の鬼太郎ロードの妖怪よろしく何十基か並んでいるのでした。まぁ2,3年の間だろうけど。後は販売商社を表敬訪問したついでに、周辺の偵察で見つけたヘテの像がよかった。市域の境界標を兼ねている。疫病からの守護の意味か。
0328_063s
アニョンヒカシプシオ Good-Bye
そんなことであまり見て廻れず帰ってきました。


|

« 日食店の開業例を見て | トップページ | 来場者は増えているが古酒の時代は来るのか »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/63504079

この記事へのトラックバック一覧です: カンナムの居酒屋見聞:

« 日食店の開業例を見て | トップページ | 来場者は増えているが古酒の時代は来るのか »