« アメリカの厚みを感じてきました | トップページ | クールダウン »

2016年5月21日 (土)

火入れ

火入れ、生状態の原酒を65度以上で加熱して、酵母を殺菌、酵素の活性を止めることで、普通は高温と感じますが、「低温殺菌」と呼ばれます。英語ではパストライエーション、かのパスツールが作った方法です。それ以前に日本酒は経験から火入れをしていたそうで、近代化以前の先人の智恵は大したものです。
まだ最後のもろみは搾っていませんが、火入れ作業も併行して行います。
今年から、効率的で温度管理も正確な装置を活用します。
0521_005s

一日7本づつくらい、数日は続くと思います。
これまでに比べて蔵は静かになっていますが、床を這うホースの入り組み様は変わりません。

|

« アメリカの厚みを感じてきました | トップページ | クールダウン »

地酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169220/63662579

この記事へのトラックバック一覧です: 火入れ:

« アメリカの厚みを感じてきました | トップページ | クールダウン »